ヒートパイプ、ヒートシンク、冷却モジュールの株式会社UACJ銅管

特 長

・ ヒートパイプによる冷却流路方向の均熱

・ ツイストテープによる乱流促進

・ 6穴押出形材の最適組み合わせ

・ 専用ダクト

基本仕様

N 6 12
A 120 240
B 200〜500

温度分布比較例

ハイパワーヒートシンクの両面に両面に半導体を設置しスポット加熱を行った場合、ヒートパイプの有無によって表面の温度分布がどのように変化するかを測定しました。ヒートパイプを挿入することにより、ピーク温度が150℃から119℃まで減少し、均熱化されています。ハイパワーヒートシンクは、高密度発熱半導体のみならず、一般の半導体の冷却用としてもご利用頂けます。

熱性能測定方法
ハイパワー熱測定例
ハイパワー熱性能

熱測定例

ハイパワー熱測定例
ハイパワー熱性能
  利用規定・免責事項 Copyright © UACJ Copper Tube Corporation. All rights reserved.