ヒートパイプ、ヒートシンク、冷却モジュールの株式会社UACJ銅管

環境条件(温度など)からコンテナ、作動液を選択
  • コンテナの耐圧
  • 作動液の凍結
コンテナ 作動液 使用温度
~200℃
銅合金 200℃~320℃
※管仕様により使用温度が異なりますので、使用温度につきましてはご相談下さい
ボトムヒートモードあるいは水平ヒートモードで使用できるように
標準熱輸送量
仕様 モード   φ6.0 (φ8.0) φ9.5 φ12.7 φ15.0 (φ25.4) (φ32.0)
L300
Le=Lc
100
H R(℃/W) 0.36 0.26 0.084 0.06      
Qmax(W) 75 105 250 340      
B R(℃/W) 0.3 0.22 0.06 0.048      
Qmax(W) 158 220 340 530      
T R(℃/W) 0.57 - - -      
Qmax(W) 22 - - -      
L500
Le=Lc
150
H R(℃/W) 0.22 0.15 0.056 0.04 0.038    
Qmax(W) 42 60 140 200 250    
B R(℃/W) 0.18 0.13 0.045 0.032 0.03    
Qmax(W) 240 330 480 750 930    
T R(℃/W)     - - -    
Qmax(W)     - - -    
L1000
Le=Lc
200
H R(℃/W)     0.049 0.035 0.029 0.016 0.013
Qmax(W)     63 90 110 180 380
B R(℃/W)     0.04 0.028 0.023 0.013 0.01
Qmax(W)     610 960 1300 2800 4400
L1500
Le=Lc
300
H R(℃/W)         0.02 0.013 0.009
Qmax(W)         80 120 250
B R(℃/W)         0.016 0.01 0.007
Qmax(W)         1700 3900 6500
  利用規定・免責事項 Copyright © UACJ Copper Tube Corporation. All rights reserved.